2008-11-24 14:45:15
八紘一宇の石碑
十年ほど前に石神井に住んでいた時の事である。

当時、シルバーという名のメスのハスキー犬を飼っていて、散歩は深夜二時から三時頃というのが毎日の日課だった。

僕は毎日決まったコースを散歩するのが嫌いで、いろいろなルートを発見するのがひとつの楽しみだった。あの路地を曲がったら、きっとあそこに出れるかもしれない…みたいに、路地という路地を制覇するのが、僕の犬散歩だったのだ。

家の近くに神社があったのは知っていたし、いつも通っていて、向かいが「ちくわぶ」工場で普段は通り過ぎていたのだが、ある日ちょっと入ってみようかな、と思って入ったら、なんと「八紘一宇」の石碑を見つけてしまったのだった。

八紘一宇.jpg

そして、その向かいには鎮魂の碑があるではないか…

鎮魂碑.jpg

ということは…

太平洋戦争中、この神社から若者たちが出征して行ったということで、きっとみんなが日の丸を振って、その頃は雑木林と畑しかなくて、その若者たちの内、いったい何人が帰ってこれたのか、そんな想像が次々と沸き、背筋が寒くなり、早々に立ち去った。

久々に行ったその神社は穏やかで、何であの時そんなに怖かったのかなーという感じだったが、日常の中に戦時を見つけると、やはりびっくりするものである。

神社.jpg

八紘一宇を知りたい人は→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AB%E7%B4%98%E4%B8%80%E5%AE%87
| comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
< 石神井公園 おまけ編 | main | 秋の石神井公園 >