2009-01-12 19:49:10
ボクのアメリカ滞在記 vol.5
飛行機は朝の5時過ぎに、ニューヨークのJFK空港に着いた。

その時のニューヨークの空気が暑く感じられたのか、寒く感じたれたのか、それとも心地よかったのか、覚えてはいない。でも、季節は初夏、六月の半ばだったから、暑くも寒くもなかったんだろう。天気は曇りか晴れ、雨が降っていた記憶はない。

ボクは無謀にも、ニューヨークの宿泊先の予約をしていなかった。

それどころか、JFK空港からどうやってマンハッタンまで行くのかも知らなかったのだ。

今考えると、なんと無謀な行動だと思ってしまうが、行けば何とかなるだろう、と思っていた。

空港をうろついていると、マンハッタン行きらしいバス乗り場を見つけたので、早速そのバスに乗り込んだ。そして、バスはマンハッタンのどこかに着いた。その場所がどこだかボクには全然分からなかった。

時間は朝の六時頃。

どっちがアップタウンか、どっちがダウンタウンか、どっちがイーストサイドで、どっちがウエストサイドかも分からず、ボクは街をあてどもなくうろついた。

マクドナルドを見つけた。そんな時間なのにやっていたのだ。

ボクは店に入った。英語はほとんど話せなかったが、メニューを指差せば何とかなるだろうと思っていた。カウンターでメニューを見たボクはそこで固まってしまった。

何故って?

だって、メニューにハンバーガーが一つも載っていなかったから。

そう、その頃日本にはなかった「朝マック」の時間帯だったのだ。

ボクはイングリッシュマフィンを指差し言った。“This One Please”

とりあえず朝食をとれたボクは、YMCAを目指して歩き出した。予約はしていなかったが、YMCAに止まることだけは決めていたのだ。そこが、若者たちの安宿であることくらいは知っていた。

地図は持っていたのだが、コンパスは持っていなかったから、どっちが北だか分からない。多分こっちだろうと歩き出した先に、立派なビルがあった。ボクはきっとこれがYMCAに違いない!と勝手に思い込みそのビルへと突き進んだ。

ビルはすごく立派で、安宿であるはずのYMCAらしくなかった。入り口に書かれた文字を辞書で調べた。

そこは…国連ビルだった。

ボクは自分が北と南を間違っていることをその時に知ったのだった。
| comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
< 都こんぶの徳用袋入り 発見! | main | ボクのアメリカ滞在記 vol.4 >