2009-01-18 19:19:29
ボクのアメリカ滞在記 vol.6
マンハッタンの街を1時間ほど歩き回り、ボクはやっとYMCAを見つけた。それは、国連ビルとは違い古ぼけた小さなビルだった。

片言の英語で一週間宿泊することにしてチェックインした。部屋は殺風景で小さな机とベッドがあるだけだった。

シャワーに入ろうとシャワールームに行ってみて驚いた。そこはガランとしたスペースで、仕切りも何もなく、シャワーヘッドが五つか六つ壁から突き出ていた。

西城秀樹が歌ってヒットした『YMCA』の原曲の詞が、YMCAはゲイの溜まり場だという内容だということは知っていた。ボクはとりあえずシャワーに入るのをあきらめた。

ニューヨークに来た最大の目的はJAZZを聴くことだった。でも、何の情報もないし、とにかくニューヨークは怖い所だというイメージがあったので、日が落ちてから一人で出歩く勇気なんてなかった。

それじゃあ、いつまで経ってもJAZZは聴けない。

着いて二日位は明るいうちにMOMA(ニューヨーク近代美術館)へ行ったり、グッゲンハイム美術館に行ったり、国立博物館に行ったり、何しに来たのか分からないような、観光客生活をしていた。

頼りにしている人がいた。

ボクのドラムスの先生の山崎さんのお兄さんがニューヨークに住んでいたのだ。ボクは山崎さんにお兄さんに連絡してくれるように頼み、お兄さんの連絡先を聞いてきたのだった。

このままでは、何しに来たのか分からない。とにかく山崎さんのお兄さんに連絡しよう。

ボクは勇気を振り絞って、公衆電話の前に立ち山崎さんのお兄さんの番号を押した。

「私は東京から来た瀬山と言います。山崎弘さんからお話を聞いてますでしょうか」

当然、「ああ、聞いているよ、いらっしゃい」という答えを待っているボクに電話の相手は

「何も聞いてないけど、君、誰?」そう言ったのだった。

ああ!どうなるんだい!ボク!

| comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
< できそこないの男たち | main | あの戦争はなんだったのか >