2008-10-21 15:45:45
蕎麦と饂飩
小生は元来の蕎麦好きである。理由は良くは分からぬが、父親も祖父も蕎麦好きであったから、きっと遺伝というやつに違いない。

蕎麦好きではあるが、うるさいことは言わない。近くまで行くことがあれば、神田の藪やまつやへ行くこともあるが、町場の蕎麦で充分に満足である。

蕎麦屋へ行って板わさなどつまみに熱燗などをやることもあるが、普段頼むものは決まっている。もり、ほとんどこれしか頼まない。店によってはせいろなどと呼んでいるが、同じことである。小生は蕎麦を食したいのだ。余計なものは要らぬ。であるからして、もりしか頼まないのである。

東京に生まれ、東京に育った者にとって、饂飩という食い物は何か蕎麦屋がついでに作っている物のように思われてならなかった。大体、蕎麦屋の饂飩はうまくない。食せるのは鍋焼きくらいなものである。

生まれて初めてうまい饂飩を食したのは、はたちを越した頃のことである。環状七号線は馬込駅の近くに、ひっそりとその店はあった。讃岐饂飩であった。饂飩というものが、これほど麺として完成されたものだと知り、驚愕したものである。

近年は東京にもうまいうどん屋が増えた。根津の釜竹なども確かにうまいが、小生が進めるのは神保町の丸香である。

丸香遠景.jpg

高い金を取って、うまいものを食わせるのは当たり前のことである。

丸香はうまい。そして安い。すでに有名な店であるので、小生がとやかく言うことも無いが、行って食していただきたい。

丸香看板.jpg

品書きには、かけ、つけ、釜上げ、釜たま、月見、山かけ、月見山、ぶっかけ、とあるが、どれも安い。

メニュー.jpg

かけも、暖かいかけと冷たいかけがあり、実際の品数はもっと多く、天麩羅などもおいてあるが、先ずは行って釜上げを食せば、この店が分かる。

それだけを言っておこう。
| comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
< 簡単にできる家計節約術 | main | 18才の頃のボク >