2008-11-09 11:40:54
ねぎ油の作り方
どんな料理にも少し加えるだけで、画期的においしくなる『ねぎ油』の作り方をお教えしましょう。

【材料】 白ねぎ(深谷ねぎ) 油(菜種油=キャノーラ油、胡麻油、コーン油など、いろいろな種類で試してみるといいでしょう。つまり、どんな油でもOKです。

今回は贅沢に太白の生絞りと

ごま白.jpg

極上胡麻油を混ぜて使いました。

ゴマ黒.jpg

割合は生絞り一本、極上四分の一本の割合にしてみました。

ねぎは斜めに薄く削ぎ切りにします。

ねぎ.jpg

アップにするとこんな感じです。青い部分も使いましょう。

ねぎアップ.jpg

今回は、にんにく、唐辛子、山椒も加えてみました。

にんにく.jpg

油を温めます。150℃から160℃位でいいでしょう。

なべ.jpg

にんにくを投入します。

なべににんにく.jpg

さらに、唐辛子、山椒(実のままのもの)を投入します。

なべに唐辛子.jpg

にんにくが焦げないうちに、にんにく、唐辛子、山椒は引き上げます。

そして、ねぎを一気に投入します。

鍋にねぎ.jpg

均等に揚がるように混ぜながら揚げていきます。

まぜる.jpg

時間は中火で10分、弱火で5分です。

少し焦げてきた状態です。

すこしこげ.jpg

火を止めても、余熱で揚がるので、その点を注意してください。
ただし、かなり焦げめのほうがおいしいです。

出来上がりの目安

できあがり.jpg

まず、カップラーメンに入れてみてください。150円のラーメンスープが600円のスープになります。まあ、麺は変わりませんが… 

あとは、ゆでた野菜にかけて食べる。スープに入れる。野菜炒めに入れる。ドレッシングにする。など、幅広く使えます。白菜の漬物にあえて食べたらすごくおいしかったです。

ぜひ、お試しを!
| comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
< ギリシア神話占いの記事が雑誌に載りました | main | 靖国神社へGO! >