2008-11-12 19:12:01
中野のイタ飯屋
ギリシア神話占いの第一人者、仲田修子先生の『恋運暦(こいうんれき)』掲載を祝って、私と修子さんと、山野っちの三人でささやかな宴を開きました。

行ったのは中野にあるイタ飯屋『ボナペティートパパ』

かべ.jpg

ここは、ピッツァもパスタも一品料理もあるので、リストランテでもなく、トラットリアでもなく、ピッツァリアでもなく、イタ飯屋と呼ぶのが適当な店だと思います。

看板.jpg

値段も安く、おいしいし近いので、何回か行っているのですが、いつもお客さんでいっぱいです。

オードブルに頼んだハムとチーズの盛り合わせ、これはグランデ、つまり大盛りで1,800円なのですが、三人でもうオードブルはいいかな?というくらいの盛のよさです。

ハム.jpg

さらに、前菜二品と、ピッツァマルゲリータ、ゴルゴンゾーラのリゾット、ピッツァシチリアーナを頼んで、2,500円のワインを一本あけて、一人4,000円弱でした。

お勧めの店です。 ボナペティートパパ
| comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
< 土鍋でご飯 | main | ギリシア神話占いの記事が雑誌に載りました >