2008-11-13 12:03:58
土鍋でご飯
最近、炊飯専用の土鍋を売っていて、それなりに流行っているようですが、値段が高いのと、鍋料理に使えないので、普通の土鍋でご飯を炊きましょう。

慣れれば簡単ですし、高価な電気炊飯器より絶対おいしく炊けます。

これは九号の土鍋です。これで五合まで炊けます。

なべ.jpg

五合の米と水を入れた状態です。

炊く前.jpg

普通のお米なら、五合なら米の1.1倍つまり、180cc×5=900×1.1=990ccの水を入れればいいのですが、無洗米の場合さらに50~100cc増やしてちょうど良い感じです。ちなみに私は100cc増やして1090cc入れています。

この状態で、夏なら30分、冬なら60分、浸水させます。

土鍋の場合は温まるのに時間がかかるので最初から強火でOKです。

強火.jpg

私は気休めかもしれませんが、重し(漬物用の4kg)を乗せてます。

重し.jpg

分かりにくいですが、吹いてきた状態です。

吹いてる.jpg

吹いてきたら弱火にします。

弱火.jpg

四合で六分、五合で六~七分で炊き上がります。

炊き上がりの状態です。余計な水分がなくなったらOKです。

炊き上がり.jpg

さらに、蓋をしたまま10分~15分蒸らせば出来上がりです。

鍋や米の状態によって、微妙に差があるので、水の量や炊く時間を調整して、ペストの状態が分かれば、簡単に炊けるようになります。おこげを作りたければ、最後に15秒~30秒強火にします。

近くの瀬戸物屋さんで土鍋を安く売っていました。ちなみに高円寺のパル商店街のとルック商店街の境にある店です。

7号で2,016円、8号で2,646円、9号で3,465円です。これで、冬に鍋料理を楽しめ、毎日おいしいご飯が食べられれば安いものです。

電気炊飯器は保温用ジャーだと思って、みんなで土鍋でご飯を炊きましょう!

七号.jpg
八号.jpg
九号.jpg
| comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
< 連載エッセイ 十一話 アップしました。 | main | 中野のイタ飯屋 >