2008-09-29 13:29:57
30年前の思い出が今・・・
一昨日(9月27日)のライブやらリハーサルやらで頭の中がこんがらがって疲れていましたが、やっと今日正気に戻れたので、幻泉館(というブログ)のご主人について記事を書こうと思います。

そもそもは30年以上前、私がお茶の水にある丸善という洋書の本屋さんの企画で店の空き地にPA機材をセットアップして後にも先にもただ一回だけのストリートライブをやった事がありました。

なんとそれを通りすがりに一回聴いただけの人が、私の「国立第七養老院」という歌の1フレーズを30年以上覚えていてくださって、最近私のホームページを調べて、どんな人が歌っていた歌なのかわかった、という事なので、私はものすごく嬉しくなりました。

そしてライブビデオやら私の事を書いた本やらをプレゼントしたところ、さらに喜んでくださった模様。本当に長生きするのも芸の内というのはこういう事かとも思いました。遅くなりましたが、トラックバックさせていただきました。
| comments(2) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
< ジョギングコース | main | みんな来てくれてありがとう >