2008-12-14 16:35:05
高円寺商店街の謎をオレが解明
みんな元気か?オレだ!

今日はオレがただの吉外ではないって所を見せてやろう。

やる時はやるぜ!

高円寺の商店街の謎を解明したから、教えてやろう。

高円寺は商店街が多い町だ。オレは高円寺の商店街の歴史研究をしているわけではないので、その成り立ちとかは知らないが、とにかく多い。嫌っていうほど多い。そんなにいらないだろうっていうほど多い。

①高円寺純情商店街  ②高円寺パル商店街 ③ルック商店街 ④あづま通り商店街 ⑤庚申通り商店街 ⑥中通り商店街 ⑦北中通り商店街 ⑧エトワール通り商店街 

商店街と名乗っているのは以上の八つなのだが、それに属していない地域がある。

高円寺の南口から青梅街道に通じる高南通り沿いにも店があるし、南口の高架線沿いにも多くの飲み屋があるし、OKストアのある通りも結構店が多い。

さらに、高架線の下にも古本屋や飲み屋やあの「むげん堂」などがある。

それらの謎をまず解明しよう。

高架線の下は⑨高円寺ストリートと呼ばれ一番街から七番街まである。

南口のパルの東側、氷川神社のあたりまでは商店街と名乗っていないが、高円寺南口商店会の街灯が立っている。これも商店街に入れていいだろう。⑩高円寺南口商店街。

そして、南口の線路沿いの西側、つまりパル商店街から始まりゴジラ屋の辺りまでの短い区間には高円寺駅西商店会の表記がある。これも入れれば⑪高円寺駅西商店街となる。ひとつの街に商店街が11も必要なのか?まあ、必要だからあるんだろうな。

まず一番有名な①高円寺純情商店街だが、北口ロータリーの看板のある通りだけだと思っている人も多いだろうが、北口ロータリーも含め西は庚申通り、東は東通り、北はメインストリートの突き当たりに囲まれた一帯すべてが純情商店街なのだ。地図でその長さを調べたところ(縮尺率を元に計算したのでアバウトだが)総延長1,760mにもなる。

ちなみに一本で日本一長い商店街と言われている戸越銀座商店街の全長が1.6kmなので、すでに純情商店街だけで勝っているのだ。

次に⑩高円寺南口商店街。ここはにぎやかな所と、さほど店がないところとあるので、商店街らしくないところも含めてだが、総延長1,900mもある。

一本道で一番長いのが③ルック商店街で510m。続いて④あづま通り商店街が380m。⑤庚申通り商店街が340m。②高円寺パル商店街はアーケードのあるところだけなので、意外に短く220m。⑧エトワール通り商店街も220m。⑨高円寺ストリートは260m。⑪高円寺駅西商店街は270m。⑥中通り商店街と⑦北中通り商店街は一本の商店街なのに、途中で名前が変わっているだけなので合計470m。

以上、恐ろしい結果が出るのを承知で合計してみると……6,330m!

恐るべき街、高円寺!なんと6kmを超える商店街を持っていたのだ。

みんな!驚け!オレも驚いた!

| comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
< 土鍋でご飯 上級編 | main | ライブハウスで七味唐辛子とトレーナーゲット! >