2008-12-24 14:42:10
日持ちのするだし醤油の作り方 かけ醤油編
今回は簡単にできる「出汁醤油」の作り方を紹介します。

この出汁醤油は水を一切入れていないので、冷蔵庫に入れておけばかなり日持ちします。

今回紹介するのは、温泉卵やうどんなどにかけて使える「出汁醤油」です。

材料(500cc分)

煮干10尾(頭とはらわたを取り二つに裂いたもの) 
昆布10cm位のもの4切れ 
干ししいたけ2個 

日本酒125cc
醤油(濃口でも薄口でもお好みで)375cc
(日本酒と醤油が1対3の割合です。好みで調節してくださって結構です)

材料まとめて.jpg

①ドレッシングボトルなど広口のビンを用意します。

空のビン.jpg

②醤油と日本酒以外の材料をビンに入れます。

ビンに材料.jpg

③日本酒を鍋で温め煮切ります。煮切るとは、火をつけてアルコール分を飛ばすことです。煮立ってきた時に鍋を傾け、火に近づければ火がつきます。煮切るのは直にかけて食べるのを考えてのことです。

煮きり.jpg

④ビンに煮切った日本酒と醤油を入れて、出来上がりです。

出来上がり.jpg

⑤保存は必ず冷蔵庫でしてください。一ヶ月以上持ちます。煮干と昆布としいたけは2~3日で出汁は出てしまうので、その時点で取り出してもいいですし、面倒であれば入れっぱなしでも問題ありません。捨てずに佃煮にするとおいしいです。
| comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
< 日持ちのするダシ醤油の作り方 調理用編 | main | 高円寺はなぜ日本のインドなのか? >