2008-11-15 20:23:51
トナッ家(増吉家)へ行ってきました
ベースの増吉くん、通称トナの家は小金井公園のすぐ近くにあります。

そして、小金井公園は私のお気に入りのサイクリングコースでもあるのです。高円寺からだと45分、往復一時間半、公園で焼きそばを食べても二時間のコースです。休日には良く行きました。

最近は浅草がお気に入りで、しばらく小金井公園に入っていなかったのですが、トナの奥さんでキーボードのバービと二人の一粒種、純平ちゃんに会いに行ってきました。

CIMG0458.JPG

純平ちゃんはまったく人見知りせず、物怖じしない子で、私の居た一時間余りの間一度も泣きませんでした。

ひょっとして、将来大物になるかも?

もう少し、大きくなったら、バービも純平ちゃんを連れてミッドナイトのライブに来れそうなので、楽しみです。
| comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
2008-11-14 16:32:50
連載エッセイ 十一話 アップしました。
しばらく、アップしていなかったエッセイコーナーに『伝説のライブハウス猫屋敷』をアップしました。

知る人ぞ知る、あの猫屋敷いかにしてできたのか、開店までのエピソード…などなど、ここでしか知ることのできない話で満載です。

読みたい人は→nakadasyuko.com
| comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
2008-11-13 12:03:58
土鍋でご飯
最近、炊飯専用の土鍋を売っていて、それなりに流行っているようですが、値段が高いのと、鍋料理に使えないので、普通の土鍋でご飯を炊きましょう。

慣れれば簡単ですし、高価な電気炊飯器より絶対おいしく炊けます。

これは九号の土鍋です。これで五合まで炊けます。

なべ.jpg

五合の米と水を入れた状態です。

炊く前.jpg

普通のお米なら、五合なら米の1.1倍つまり、180cc×5=900×1.1=990ccの水を入れればいいのですが、無洗米の場合さらに50~100cc増やしてちょうど良い感じです。ちなみに私は100cc増やして1090cc入れています。

この状態で、夏なら30分、冬なら60分、浸水させます。

土鍋の場合は温まるのに時間がかかるので最初から強火でOKです。

強火.jpg

私は気休めかもしれませんが、重し(漬物用の4kg)を乗せてます。

重し.jpg

分かりにくいですが、吹いてきた状態です。

吹いてる.jpg

吹いてきたら弱火にします。

弱火.jpg

四合で六分、五合で六~七分で炊き上がります。

炊き上がりの状態です。余計な水分がなくなったらOKです。

炊き上がり.jpg

さらに、蓋をしたまま10分~15分蒸らせば出来上がりです。

鍋や米の状態によって、微妙に差があるので、水の量や炊く時間を調整して、ペストの状態が分かれば、簡単に炊けるようになります。おこげを作りたければ、最後に15秒~30秒強火にします。

近くの瀬戸物屋さんで土鍋を安く売っていました。ちなみに高円寺のパル商店街のとルック商店街の境にある店です。

7号で2,016円、8号で2,646円、9号で3,465円です。これで、冬に鍋料理を楽しめ、毎日おいしいご飯が食べられれば安いものです。

電気炊飯器は保温用ジャーだと思って、みんなで土鍋でご飯を炊きましょう!

七号.jpg
八号.jpg
九号.jpg
| comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
2008-11-12 19:12:01
中野のイタ飯屋
ギリシア神話占いの第一人者、仲田修子先生の『恋運暦(こいうんれき)』掲載を祝って、私と修子さんと、山野っちの三人でささやかな宴を開きました。

行ったのは中野にあるイタ飯屋『ボナペティートパパ』

かべ.jpg

ここは、ピッツァもパスタも一品料理もあるので、リストランテでもなく、トラットリアでもなく、ピッツァリアでもなく、イタ飯屋と呼ぶのが適当な店だと思います。

看板.jpg

値段も安く、おいしいし近いので、何回か行っているのですが、いつもお客さんでいっぱいです。

オードブルに頼んだハムとチーズの盛り合わせ、これはグランデ、つまり大盛りで1,800円なのですが、三人でもうオードブルはいいかな?というくらいの盛のよさです。

ハム.jpg

さらに、前菜二品と、ピッツァマルゲリータ、ゴルゴンゾーラのリゾット、ピッツァシチリアーナを頼んで、2,500円のワインを一本あけて、一人4,000円弱でした。

お勧めの店です。 ボナペティートパパ
| comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
2008-11-11 21:42:15
ギリシア神話占いの記事が雑誌に載りました
私が始めたギリシア神話占いが、なんと占い専門誌『恋運暦(こいうんれき)』12月号に掲載されました。

表紙.jpg

それも、5ページの特集記事です。自分の書いた記事が載るなんて本当に感激です。大きな本屋さんとスリーエフに売ってますので、ぜひ買って読んでください。お願いします。

記事.jpg

それと、「ハッピーのもと」というコラムの依頼まで来て、そこにもコラムを書いてます。

ぜひ買って読んで、アンケートにギリシア神話占いが一番面白かったと書いて投函してください。そうしてくれた人には、なんかお礼します。

私が主宰しているギリシア神話占い アルテミスのホームページはこちらから
| comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32