2008-11-21 05:09:02
岡本太朗出現@渋谷!!
すでにニュースなどで話題になってますが、渋谷マークシティー(駅ビル)に恒久的に展示されることになった岡本太朗の幻の壁画と言われていた「明日の神話」。
でっかいシートで囲って「なんの工事だ?」と思ってたら、これだったのね!!(^ ^;
22063176_1185504489.jpg

一昨日「ででで!!遅刻かも!!」と井の頭線の改札を出たら、なにやら人だかり!!
ワワワワッ!!思わず足が止まりました。
岡本太朗が好きとか嫌い以前に、ものすごい迫力に圧倒されました。
「芸術は爆発だ!!」「グラスの底に顔があってもいいじゃないか!!」等、TVで見て、子供心に「この人何?変な人だぁ!?」という印象しかありませんでしたが、あらためて凄いパワーを持った人なのだと再認識させられました。

22063176_1366913921.jpg

はじめの印象では赤のインパクトが凄くて、てっきり赤がベースの絵だと記憶に焼き付いたのですが、写真を見返したら違っていて、またビックリ。(またまた自分の感覚に不信感発生)

時代を反映するかのように、携帯で写真を撮ってる人もたくさん居ましたが、若者よりも年配の男性が圧倒的に多かったのがなんだか面白かったです。(私もその中の一人か)(^ ^;

今まで私にとって、このエリアは単なる通路で「やたらにツルツル・ピカピカだな!?」という程度の印象でしたが、今後は随分、気持ちのうえでも変わるかもです。
芸術作品として美術館に鎮座しているより、単なる駅の廊下の壁となった今のほうが何か強烈なメッセージを発しているかもですね。

まだ観てない方。ちょろっと渋谷に出かけてみてはいかがでしょう?
見上げる感じですが、渡り廊下みたいな通路からは水平で観られます。
場所は井の頭線乗り場付近です。
なにせ無料です(^ ^)/


| comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
2008-11-20 15:43:08
土鍋でご飯 冬にご飯を早く炊く裏技
土鍋で簡単にご飯を炊く方法を前に紹介しましたが、今回は冬にご飯を早く炊く裏技を紹介しましょう。

お米の浸水時間はお米を研いでから夏は30分、冬は60分と普通の料理書には書かれています。電気炊飯器で炊く時も土鍋で炊く時も同じです。

炊く前.jpg

なぜ夏と冬でこんなにも時間が違うのかといえば、ただ水温が違うからなのです。

となれば、話は簡単、研いだ後、冬の冷たい水道水ではなく、夏の水道水くらいの温度の水で浸水すれば、冬でも30分で十分なのです。

さらに、荒っぽく30℃位のぬるま湯を入れて10分で済ます、という方法もあります。電気炊飯器の早炊きモードは多分、この手のことをコンピューター制御でやっているのでは?と推測していますが、メーカーの人に聞いたわけではないので分かりません。

土鍋の場合は研いで水を入れたら、すぐに火にかけてしまいます。そして、夏の水道水くらいの温度になるようにします。その時、かき混ぜないと下だけが熱くなりますので、かき混ぜながらやってください。多分夏の水道水の温度は20℃以上あると思います。でも、温度計を持ち出すまでもなく、指で分かると思います。

強火.jpg

この作業をやれば冬場でも浸水時間は30分でOKです。

試してみてください。
| comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
2008-11-19 13:21:47
竹林にて。。。
ペンギンハウスライブ(29日)が迫ってきましたが、皆さん風邪など大丈夫でしょうか?
私は、にんにく&アルコールの殺菌力とキアイでなんとか無事です。
きいた話ですと、現在30歳代の人に「百日咳」が流行ってるそうです。
子供の頃の予防接種の関係だそうです。ビックリしました。

昨日、予定より早く目が覚めてしまって外を見れば良い天気。
我ながら珍しく、何を思ったか徒歩3分の「大宮八幡宮」に散歩にでかけました。


22063176_2677684132.jpg
その気になれば、一瞬だけど、京都にでも旅行してるかの気分(^ ^)/


22063176_764374086.jpg


22063176_1877391604.jpg

こういう風景を見ると、必ず忍者がサササ〜ッと走りぬけて、シャキ〜ン!カン!カン!カンッ!・・・等と、刀や手裏剣の音を思い浮かべてしまいます。

思えば、私が生まれ育った北海道の環境では、このような竹林は見たことがなく、エゾ松、クロ松等の国有林やらよくわからん雑木林ばかりでした。
私の中で思い出す竹林といえば、唯一TVや映画での時代劇のチャンバラシーンだったのだと気がつきました(笑)
ほんの30分弱の散歩でしたが「自分を発見する旅」(大袈裟か!?)
なんだか、いつになく気分がリフレッシュできました(^ ^)/
| comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
2008-11-17 19:30:56
躁うつ病患者Sの薬
みんな元気か? オレだ!

今日はオレが飲んでいる薬を紹介しよう。そんなもの紹介されたって、何の役にも立たねえのは百も承知だが、オレと同じ病気を抱えている哀れなヤツが、このブログにたどり着くかも知れねえから、そんなヤツのためには少し役にたつだろうよ。

まずはデパケンR錠 100mg 朝一錠 夕二錠

デパケンR.jpg

こいつは元々癲癇(てんかん)の薬として開発されたらしい、今は気分安定剤と呼ばれている薬だ。つまり、オレのようにハイになったり、イライラしたりする気分を安定させてくれるってワケだ。

次にコントミン糖衣錠 12.5mg 夕1錠 寝る前1錠

コントミン.jpg

こいつは精神分裂病、今は統合失調症、世間の人が吉外と呼んでいる人のために開発された薬だ。吉外の興奮状態を抑える薬だが、攻撃的な気分も抑えてくれるから、いきなり人を殴ったり、蹴ったりしたい、そんな気分をなくしてくれるってワケだ。

続いてはロヒプノール錠 2mg 寝る前2錠

ロヒプノール.jpg

これは睡眠導入剤だな。ただし強力だ。アメリカではレイプドラッグと呼ばれていて、素人が飲んだら八時間位意識をなくす、その間にやっちまえるからレイプドラッグなワケだ。オレは2錠飲んでも三時間くらいしか寝れなくなっちまったんで、さらに増やしてもらったのが次の薬だ。

ダルメートカプセル 15mg 寝る前2錠

ダルメート.jpg

これも睡眠導入剤だが、長く寝れるようにする薬だ、専門用語を使っちまえば、早朝覚醒にきく薬だ。

最後はマイスリー錠 5mg 早朝覚醒時1錠

マイスリー.jpg

こいつはすぐに眠くなるが、長くは効かないタイプの睡眠導入剤で、2~3時間で目が覚めちまって眠れねえ時に(これが早朝覚醒だ)もう一度寝るために飲むってワケだが、最近はあまりお世話になっちゃいねえな。

以上がオレが飲んでいる薬だ!

覚えておいてくれよ!
| comments(1) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
2008-11-16 16:44:32
躁うつ病患者Sの実態
オレは躁うつ病だ。

前にも書いたから、知っているヤツも多いだろうが、もう一度言う、オレは躁うつ病だ。

しつこいヤツだと思わないでくれ、躁状態になると誰でもしつこくなるもんなんだ。

オレが三鷹の神経科に通っていることは前に書いた。そして、ラーメン屋『江ぐち』に良く行くことも書いた。なぜ、オレが『江ぐち』に行くのか教えてくれと、お願いしたのに、誰もコメントしちゃくれねえ。悲しいもんだぜ。

晴れてる日はオレはバイクで三鷹に行く。だから吉祥寺を通る。そこにオレをひきつけるもう一軒のラーメン屋があることを教えてやろう。

『大勝軒』だ。

CIMG0442.JPG

説明は不要だろう。東池袋の『大勝軒』から暖簾わけしてできた店のひとつだ。

店.JPG

つけそばが有名な店だが、オレは必ずラーメンを食べる。何故かって?ラーメンのほうが好きだからだよ!

オレは江古田と沼袋と江戸川橋の『大勝軒』にも行ったことがあるが、沼袋と吉祥寺が好きだ。まあ、好みだがな。

俺が今飲んでいる薬の説明も使用と思ったが、長くなるので次にするぜ!

じゃあな!


| comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する |
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32